だれでもできる簡単アートで頭をリフレッシュ。

“臨床美術”の手法で野菜を描いてみませんか?

臨床美術とは、脳科学に基づいたアートカリキュラムに沿って
絵画や立体造形などの美術造形活動を行なうことで脳機能を活性化し
開放と自己実現を目的に研究開発された芸術活動です。
感性の

・・と言ってしまうと取っ付きにくそうですが、心配は御無用。
要は「感性を解放してひたすら楽しんでアートしましょう
!」と
いうイベントです。

※前回、店主が描いた絵を野菜基地の店内に飾っていますので、
見てみれば「どんなもんか」ご想像いただけると思います。
実際、絵を描いてから3日間ほど、脳が刺激されてアイデアが出るわ出るわ状態でした。

■対象
・疲れた頭をリフレッシュしたい方/癒したい方。
・絵を描くのは苦手だと思っている方。
・久しぶりに絵を描いてみたい方。
・野菜が目の前にあると、ウズウズしてしまう方。

■日程/7月21日(土曜日)
■ワークショップ時間/15:30~17:30
■ワークショップ内容/ブロッコリー描写(オイルパステル/水彩絵具など)

場所/南青山野菜基地
定員/15名(定員になり次第締切)
参加費/1500円(材料費、1ドリンク付)
持ち物/特に無し
講師/小泉 寧  臨床美術士(内閣府認証 特定非営利活動法人 日本臨床美術協会認定)
アトリエあんふぁん主宰、大田区久が原小学校「夏ドキドキ学校」スタッフ

*18時より、南青山野菜基地にてモチーフの野菜料理(ブロッコリー)を食べる懇親会を行います。
(3000円・ワンドリンク付き)参加ご希望の方はそちらも併せ
てお知らせください。

参加申し込み/info@yasaikichi.jp