春野菜の苦味でデトックス。


冬は新陳代謝が鈍り、脂肪や毒素を溜め込んでしまいがち。
体内に毒素や老廃物が多くなると水分を溜め込んで代謝が低下してしまいます。
その結果、便秘や冷え性になってしまうことも。
春の野菜はそんな症状を一掃し、冬の間溜まっていた毒素や老廃物をデトックスしてくれます。








瑞々しい夏野菜でバテ知らず。


夏のストレスに負けずに育った夏野菜は、私たちの体調を整えてくれる心強い味方。
例えばトマトやきゅうり、なすなど、水分の多い夏野菜は火照った体を冷やす効果があり
また、オクラやモロヘイヤなどの夏野菜は疲れた胃を保護し、消化吸収を助ける効果があります。








秋野菜で体の疲れを癒やす。


秋になると元気で健康な土が育んだ根菜・いも類・きのこが旬を迎えます。
秋は季節の変わり目。夏の暑さによる疲れと間近に控えた冬のせいで体調を崩しがち。
そんな中、 秋野菜は豊富なビタミン・ミネラル・食物繊維で疲れを癒し、
寒い冬に備えた体作りに役立ちます。







冬野菜で体を“芯”から温める

寒さの厳しい冬は根菜と葉野菜が旬を迎えます。
特に、土に霜柱が立ち始めるくらいの寒さになってくると白菜、ほうれん草、ねぎといった
葉野菜たちは凍えてしまわぬようにと糖分を増やします。
そのおかげで、冬の葉野菜は、一年の中で最も甘くて栄養価が高くなります。
また、根菜は体を温めてくれるので、肩こり・冷え性・風邪の予防にもおすすめです。













♫やさいマンのうた♫

作詞/doughly
作曲/しろうべえ
うた/しろうべえ
ギター/しろうべえ
録音/しろうべえ

農薬とか肥料とか使ってむりやり野菜育てても
いいんじゃない別に。それでも農協に売れるんだし
あいつらにどうせ味なんかわかんないよ。
いざとなったらやさいマンがなんとかしてくれるでしょ。
格差が広がって失業者があふれて自殺が増えても
いいんじゃない別に。どうせあいつら役に立たなかったよ
大金を手に入れたものだけが幸せになれるんだよ。
いざとなったらやさいマンがなんとかしてくれるでしょ。

自然を壊してモノを作りどんどんゴミを増やしても
いいんじゃない別に。いまさら地球なんて救えないし。
そういう仕組みで成り立ってんだからこの社会は。
いざとなったらやさいマンがなんとかしてくれるでしょ。

原発ボコボコ建てて電気じゃんじゃん使っても
いいんじゃない別に。俺たちが死んだ後の話だし
いままでやってきたことを変えるのはよくないよ。
いざとなったらやさいマンがなんとかしてくれるでしょ。

税金集めて爆弾つくって世界のどっかで一家全滅しても
いいんじゃない別に。そんなところ行った事無いし。
それよりもツタヤにエロビデオ返さないといけないよ。
いざとなったらやさいマンがなんとかしてくれるでしょ。

あーやさいマン。
あーやさいマン。

やさいマンって誰だっけー
俺じゃない事は確かだねー

あーやさいマン。
あーやさいマン。